ラーメンズ仁さん賢太郎さんレポ・感想雑談ラーメンズで遊ぼうラくがき・消しゴム判子未分類
ラーメンズとかエレ片とかエレキコミックとか。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.17 Wed
「冬の絵空」16日の夜公演は、大阪最終日ということでエンドトークがありました。
恒例のネタバレ無しレポ~

ネタバレになるようなトークがなかったので、有りでも無しでも一緒なんですけどね。
いつも以上に内容を忘れました。
なんだか段々記憶力がなくなっている気がします。
発言が多少違ってても気にしない。雰囲気だけお楽しみ下さい。

と、その前に。
CUBEのサイトで舞台写真が公開されています。
上から3番目の一番右の白いのと、下から2番目の白いのが仁さんです。
なんて説明だ。(ほとんど顔が見えないので説明しておこうと)

冬の絵空 舞台写真

どうしてページタイトルが「MIDSUMMER CAROL CAST」なんだ。
ミスなのは分かるけど、よりにもよってそれか。仁さんか。
(CUBEだから犬山イヌコさんと加藤みづきちゃんかな?)
阿呆な呟きはそこそこに、カーテンコールレポをどうぞ。追記へ。
 
 
カーテンコールは2回。
その後に「本日の演目は終了しました」とアナウンスが入りましたが、拍手止まず。
パラパラとスタンディングする人も出てきて、半分くらいが立ったときでしょうか
役者さんが出て来ました。(そしてスタンディングオベーションに)

横に並んで出てくる役者一同。中心は生瀬さん。
マイク片手に一歩前へ出て、何か話すと思いきや手にしたマイクをパッと開きました。
扇子でした。遠くだったから騙されたよ!

生瀬さん、サンケイホールについてのトークというか、挨拶というか。
これが新しいホールの杮落としだとか、
(ブリーゼになる前のサンケイホールで)二十何年前にやらせてもらって、
また二十何年ぶりに新しくなったホールでやらせてもらって感謝というような内容。
生瀬さんのトークは、さらに続きます。

生瀬さん「この劇団で」
松尾さん「劇団!?」
出演者一同騒然。
しかし生瀬さん意に介さず。
生瀬さん「この劇団でね。また何かやりたいです。」

劇場ともども、劇団をよろしくとのことです。
個人的には、ぜひともお願いしたい。
(チケット代が高くなるのがネック/笑)

生瀬さん「では、今回初舞台の藤木直人君に一曲歌ってもらいましょう」

マイク(扇子)を渡す。
藤木さん、扇子を握って一歩前へ。

藤木さん「……!……!」
生瀬さん「声出さんと分からんやろ!」


歌は免除ということで、挨拶をすることに。
思いっきり忘れてしまったんですが、内容は大体以下のような感じです。

初舞台をサンケイホールブリーゼで踏むことが出来たこと、
落日を迎えられたことに感謝の気持ち。
ブリーゼは一生に残る素敵な劇場ということ。
この後の地方公演、東京公演も頑張るということ。
「本日はありがとうございました!」

よく知ってる役者さんなら、適当に台詞仕立てに書いちゃいますが
藤木さんの言葉遣いが曖昧なので内容だけにしておきます。
藤木さんのファンに任せた!


生瀬さん「実は、今回初舞台の人がもう1人いるんです」

劇場内、「誰?」という雰囲気。
舞台の上の役者陣も、心なしかきょとん。

生瀬さん「橋本じゅんさんです」

マイクを渡す。
劇場内拍手。
最前列のお客さんに「なんか見たことあるでしょ?」と尋ねる橋本さん。
同意と茶化す気持ちの入り混じった拍手喝采。
橋本さん、センターへ。

橋本さん「えー。僕は、初めてです」

見たことあるよ!何年目だ!

生瀬さん「それでは、またどこかでお会いしましょう!」

退場~
以上、エンドトークでした。
引っ込むギリギリまで手を振ってる仁さんにキュン。
ああそうだよ、一言も喋ってない仁さんを見まくったよ!
でも生瀬さんが良い声で茶目っ気たっぷりに話すから、
さすがの仁さんも(私の視界から)かすむってもんですよ。
私、生瀬さんも大好きなんです!(しかし、きっかけは仁さん出演の舞台「Love30」)

このブログの性質上、仁さんに触れずに終るってのも消化不良。
以下、無理矢理書きますよ。
ネタバレってほどじゃないですが、衣装についてチラッと書いたので
事前情報断固拒否!な方はここまでで引き返して下さい。


1回目。
退場ギリギリまで、両手をぶんぶん振る仁さん。
仁さーん。
2回目。
引っ込もうとする藤木さんを引き止めて、1人残す役者陣。
(主犯格、生瀬さん。前回もやっていたので、おそらくお決まりのパターン)
藤木さんが1人でお辞儀。
一方仁さんは、他の役者さんとほたえながら退場していたのでした。
3回目。
犬兜不在。
暑かったのね。そして、もう終わりだと思ったのね。
髪を下ろしているから、さぞかし暑かろうと思います。
ふんわりしてるから、熱がこもるだろうなぁと余計な心配。
仁さんは大分白く塗っているので、地明かり(色無しの照明)で、
かつ他の役者さんと横並びになると目立ちます。
「顔、白っ」
片手をぶんぶん振りながら退場。
見えなくなるギリギリまで手を振ってるのがもう、嬉しくて嬉しくて。
サービス精神!
袖がふっかふかだから、思い切り手を振ると可愛らしいことこの上なし。

以上、仁さん凝視記録でした。長いよ!
 
 
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.12.18 Thu 22:27 [ Edit ]
ひばる
>隠しコメントさん

うーわー。
くっそー、個人情報書きすぎた!
私は違う意味で身もだえですよ。
もう燃えればいいですよ。何かが。

>片のこと
冷静に考えたら、あの「片」も見たことありました。
早とちりです~すいません!
2008.12.18 Thu 22:42 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://cheapframes.blog91.fc2.com/tb.php/466-ce8d1bff
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。