ラーメンズ仁さん賢太郎さんレポ・感想雑談ラーメンズで遊ぼうラくがき・消しゴム判子未分類
ラーメンズとかエレ片とかエレキコミックとか。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.23 Sun
早速ですが、「王立新喜劇」の感想をば。

ネタバレだけど、いいや。今日が千秋楽だし。
と、適当なことを思ったのでこのまま表に書いちゃいます。
その方が楽なんだよ!

ネタバレありですので、DVD待ちの方はご注意ください。
今日カメラ入ってました。予約受け付けもありました。

あらかじめ、「ひろぐ」の「そいつ」は必ず「あれ」をやる!(2008/11/19)を読んでいただけると、
以下の感想が一層分かりやすくなります。
 
 
 
 
例によって例の如く、セリフはうろ覚えなので雰囲気だけお楽しみください。
 
本編は3話からなるオムニバス形式。
1話は吉本メンバー
2話は吉本メンバー+石丸謙二郎さん
3話は吉本メンバー+石野真子さん
それぞれの話の前後に、大王のトークが挟んであります。


1話目前 大王1
まずは大王登場。
挨拶のつかみは
「リニューアルされた通天閣には、実に大阪らしい新機能が搭載されました。
それはともかく、ようこそ王立劇場第六回公演へ」
でした。肩透かしコメントはいつものお約束。
王立劇場が6回目、王立新喜劇が1回目です。たぶん。

髪を短く切った大王が、大分低い声で話すので
「お前誰だ」感がひしひしと込み上げてきます。
ほほう、「こいつ」が「そいつ」か。

参考:「ひろぐ」2008/11/19 「そいつ」は必ず「あれ」をやる!


1話目

NGK潜入レポでも書いたんですが、拍手が響くこと響くこと。
勘違いが続発する大王節に乗せて、いつもの吉本っぽい雰囲気のお芝居が続きます。
これも「ひろぐ」の11月19日分に書いてあることですが、
大王は安尾さんのギャグが好きらしい。
「お邪魔しますか?」「あなたは○○です」をはじめとする、
疑問文と常態の文が逆になるというギャグです。(詳しくはウィキペディア「安尾信之助」の項ででも
これが大好きだという大王。
今回多用されてましたが、受け手の反応がいつもの逆になってました。
要はギャグだと分かってもらえず、ツッコミではなく真面目な答えが返ってくる。
もしくは、酔っ払いだと思われて取り合ってもらえない。
という仕掛け。
吉本では、お決まりのギャグにお決まりのツッコミが入るのがお約束なのに
あえてそれを裏切るってのが実に大王っぽくて好きです。

あと、花子さんの声にやられました。
か、可愛い。TVで聞くのとちょっと違う感じ。


2話目前 大王2
石野真子さんの親衛隊に話しかける大王。
「親衛隊の方はいらっしゃいますか?」
親衛隊さんの返答。
「あ、今日はその辺に」
石野真子さんは3話目にしか登場しないので、ハチマキはまだ早いとのこと。
「そのときが来れば、私が合図します」


2話目
オーナー!

石丸さんのことです。私は石丸さんのことを、オーナーと呼びます。(由来の番組
劇中の内場さんよろしく「車窓」でもいいんですけど、「車窓」と言うと7割方噛むので言いたくないです。
私が言うと、「世界のしゃしょーから」になります。
それはさておき、私は石丸さんのファンなのです。
今回の舞台、4割は石丸さん目当てだと言って過言ではない!(残りは色々)

私も大王も大好きな石丸さんは、ばっちりアクションを見せてくれました。
めだかさんとの絡みで、ジャクリング→ダンス→めだかさん抱えてポーズ
拍手!
アクションも面白かったんですが、
めだかさんをふろしきでぶら下げて歩くってのは、地味に凄いんじゃないでしょうか。

王立新喜劇
図解


3話目前 大王3
「そいつ」が親衛隊さんにゴーサインを出しました。
「今です」
ついに真子さん登場ですよ。親衛隊さんたちはハチマキのご用意を!
役者さんが出てきたとき普通は拍手をするけど、真子さんが出たときには声をかけても良いとのこと。
「演出家の私が許します」

そしてそして、
でったー!でましたー!
「そいつ」の「あれ」!

ネタは「ダブリンの鐘つきカビ人間」にも収録されている「カド」でした。
すっげ、すっげ、生で観ちゃった。カド。
「拍手を貰うほどのものではないことは、私が一番知ってます」
ご家庭でどうぞとのことです。日常的にやってる我が家はどうしたらいいですか。(実話)


3話目
真子さん、声が美しい。
可愛いし、アナウンサーのように滑らかな話し方です。
凄い!アイドルだ!本物のアイドルだ!

申し訳ないことに真子さんを良く知らない私でしたが、
なんだかテンションが上がりました。
まこさーん

永遠のアイドルの登場にときめいていたら、真子さんまさかのハゲカツラ着用。
な、なんでやねーん!
ガニ股で「俺だよ、俺」とかおっしゃいます。
ま、まこさーん

ラストは真子さんの歌だったんですが、ここで親衛隊さん本領を発揮です。
本物のコールだー!
「L・O・V・E、ラブリー○○」とか言うアレです。
アイドルらしい振り付けで踊る真子さんと、親衛隊さんのコール
ああ、今って西暦何年だっけ。
良いものを見せていただきました。

後で知ったんですが、真子さんの親衛隊は史上最強との呼び声高いそうな。(ウィキペディア「親衛隊」の項参照)

3話で、年配の男性客がガッツリ食いついたのは言うまでも無い。


3話終り 大王4
どうも、王立新喜劇は次回作があるようですよ。
来年の今頃に「コーポからほり303」があるかもしれない、とのこと。
ほほう。

なんだかんだと話した後、絞めはいつもの大王のお辞儀(というのか?)でした。
なんでそんなに悪そうなんだ!
そんなツッコミを入れつつも、前かがみでニヤリと笑う大王を観るのはとても好きです。

王立新喜劇と言えども、吉本新喜劇の一端だからお涙ちょうだいの良い話があると思ってましたが、
そうでもなかったよ!

長くなったので、カーテンコールレポは分けます。
次の記事で。
 
 
関連リンク
「ひろぐ」2008/11/19 「そいつ」は必ず「あれ」をやる!
由来の番組(仮面ライダー電王)
ウィキペディア「安尾信之助」の項
ウィキペディア「親衛隊」の項
 
 
スポンサーサイト
桃戸千
いいなーー、行きたかったよ>王立劇場

25日は心斎橋を歩いてたので
「はっ、もしかして今大王がすぐそこに!!」
なんて、思ったけど、22日までだったので

吉本の評判はどうだったんでしょうか
とても気になります

社長、大王をずっと吉本に置いてて下さいね

ひばるさん、詳しいレポありがとうございました~
2008.11.27 Thu 07:08 URL [ Edit ]
ひばる
>桃戸千さん

吉本の評判はどうだったんでしょうね?
吉本の芸人さんの中には、大王の大ファンが沢山いるみたいですが、
それとこれとは別問題ですよねぇ。
来年の今頃に、再び王立新喜劇の公演があったら概ね好評だったということでしょうか。
観客はほとんどが大王のファンか役者さんのファンだと思うので、
TV放送でもしてそれ以外の人の反応も聞いてみたいところです。
2008.11.27 Thu 21:06 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://cheapframes.blog91.fc2.com/tb.php/448-856ab326
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。