ラーメンズ仁さん賢太郎さんレポ・感想雑談ラーメンズで遊ぼうラくがき・消しゴム判子未分類
ラーメンズとかエレ片とかエレキコミックとか。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.30 Thu
友人に聞いた話です。

TUTAYA某店には、ラーメンズコーナーがあるそうな。
それはいい。むしろ嬉しい。
そこにあるポップが問題。

「日常の中の非日常が一番面白い!」

店員さん、逆!

それはなんだ、「非日常の中の日常はつまんないよね」という遠まわしなアレか!
ちょっと嫌いか!
さては、「店長がラーメンズ好きだからラーメンズコーナー作れって言ってきたけど、
私あんまり好きじゃないのよねー。ポップで皮肉ってやろっと」
みたいな「好きじゃないものを進めざるを得ない、気の毒な客商売の人」の仕業ですね。
もしくはラーメンズ大好きだから、好きな人に伝わるように劇中の台詞を使ってポップを書こうとしたけど、
テンション上がり過ぎて、うっかり書き間違えちゃった可愛らしいドジっ子な店員さんがいるんですか。
それとも「べ、別に私ラーメンズなんか好きじゃないんだからねっ
嘘じゃないわよ、ポップ読んだの?ホントに好きならこんなこと書かないわよ、ばかッ」
的なツンデレの店員さんの仕業ですかと。

うん、私は何の読みすぎですか。漫画ですか。主に漫画ですか。


えー、TUTAYA某店のお笑いコーナー担当の店員さん
書くとすれば「非日常の中の日常が一番面白い」が正解です。
ちなみに私はどこの店舗か知らないです。
友達に聞き忘れました。たぶん大阪のどこか。
なんにせよ、ラーメンズコーナーがあるって話はちょっと嬉しいです。感謝感謝。
 
話し変わりますが、昨日のレッドシアターにエレキコミックが出てたのも
ちょっと嬉しかったです。
やついさんが終始関西弁だったのが謎。
いや、三重の人だから関西弁でもいいんですが。
エレキコミック面白いっ好きっ
 
  
スポンサーサイト
2009.07.09 Thu
演劇ぶっく 2009年 08月号 [雑誌]演劇ぶっく 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/07/09)
不明

商品詳細を見る


じゃーん。
追記にちょこっと感想。
自分で読んでからにする!という方は、後でお会いいたしましょう。
オッケーな方追記へ。でも大したことは書いて無いです。
 
 
2009.05.10 Sun
どうもータワーを大文字+小文字表記しているひばるです。
間違えた。全部大文字だ。
スペルが合ってるとこれだよ!
もういい。私はカタカナで書く!
タワーもチェリーブロッサム456もクラッシックも!
いいじゃんもう、日本語で。賢太郎さんは素晴らしい言葉選びのセンスを持ち合わせてるんだしさぁ
などと自己弁護が浮かびました。

コントタイトルはほとんど日本語で、しかも良いタイトル多いと思います。
私の中の「タイトルのセンスが素敵ランキング」に賢太郎さんランクイン。
あと、村上春樹とか浅井ラボのタイトルが好きです。
なんというか、癖が強い人ばっかりだ。
あ、ヘミングウェイも好きです。読んでないけど。邦題しか知らないけど。

長いタイトルが好きなんです。
ラーメンズだと「器用で不器用な男と、不器用で器用な男の話」
村上春樹なら「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」
浅井ラボなら「くちづけには長く、愛には短すぎて」
ヘミングウェイなら「誰がために鐘は鳴る」なんかが長くて素敵。

長いタイトルが好きですが、短くて意味をちゃんと持ってるタイトルは
本当に上手いと思います。
ラーメンズだと、もしかしたら最終と掛詞になってるのかもしれない「採集」とか。

ぱっと見意味がわからないけど、見たら意味が分かるのも好きです。
「音遊」とか、コントじゃないですが、「鼻兎」とか。

パロディも結構好きです。
「ゴトーを待ちながら」のパロディ「後藤を待ちながら」とか
「銀河鉄道の夜」の「銀河鉄道の夜のような夜」、アカデミー賞のパロディの「アカミー賞」
特に好きなのは「悪魔が来たりて笛を吹く」の「悪魔が来たりてなんかいう」


映画好きの友達と一緒に「センスがあるタイトルリスト」などという
延々タイトルが羅列されたリストを作ったくらい、
タイトルを見るのが好きです。
賢太郎さんの存在は貴重。
タワーのコントタイトルも楽しみだー

ラーメン(枠)を積んだら箱になって、
箱を積んだらタワーになったよ
という意味なのかな、もしかして。
などと考えている今日この頃です。


で、結局何が言いたいかというと、FLAT」って何で「FLAT」?
平らなの?床とかが。段差がないの?
それとも音楽なの?半音下げるの?
あ、アパートって意味があるの。
へー。

フラットの由来募集!(捏造可)



関連リンク
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)
書いておいてなんですが、村上春樹は長編よりも短編の方が好きです。
「日常の中の非日常ではなく、非日常の中の日常を描く」は、村上春樹にもガッツリ当てはまると思います。
意味不明の物事が、一切の説明なしで当たり前のこととして処理される
そんな寝苦しい夜に見る夢みたいな感じはちょっと好きです。
褒めてるんだか、貶してるんだか。褒めてます。
「おだまきの夜」とか「パン屋再襲撃」とか好き。

されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫)
これは浅井ラボの小説。シリーズの第1巻。
作者と担当が一悶着あったらしく、途中でレーベルが変わって
昔はスニーカー文庫、今はガガガ文庫で出てます。リンク先は新しい方。
人に勧めるとドン引きされること請け合い。 
簡単に説明すると「人がガンガン死ぬ。やたら痛そうに。あとたまにエロい」
でもタイトルセンスは素敵だと思うんだ!
ライトノベル臭はぷんぷんするけども。(ライトノベル:イラスト付の漫画っぽい内容の小説)
 
そういえば友達とタイトルのリストを作った際、
妙に受けが良かったのは「ポケットの中の戦争」でした。
何かというと、ガンダムのOVAタイトル。
あと、古い洋画の邦題が好きです。最近の洋画は原題のカタカナ表記が多くてしょんぼりです。
 
 
2008.12.31 Wed
オンエアバトルのSP見たよー。
録画したよー。
ラーメンズ喋ってたよー。
まさか大トリだとは思わなかったな。

すごい格好だな、おい。(特に左の方。大きい方の方。)
友達とのメールで「ボサボサベスト」と「もじゃもじゃパーカー」と命名されました。
あんまりなネーミングですが、愛ゆえです。
あれでこそなー。
カメラを見ないでインタビュアーを見てるとことか、
長く話しすぎたのか早々にカット入るとことか、
あれでこそなー。

「僕、取りに行く係りだったんで~」

おおう、ノーズブラーッド。

なんだよもう、可愛いなあ!
普段はカッコイイもあるのに、賢太郎さんがいると
一気に仁さんの可愛いゲージが跳ね上がるのは何なんですか。
役割分担なの?安心感なの?
可愛いモードの仁さんと、にこにこしてる賢太郎さんで大満足です。
はー、ほっくほくだぁ。

だがしかし、これで終ると思うなよ!
そう、エレキ。
エレキコミック出てたよ!
若い!ラーメンズも若いけど、若い!
DVDと台詞が違って、短いながらも楽しめました。
面白いわー、エレキコミック。

あとインパルスで滅茶苦茶笑いました。
キセル乗車のネタ。ずーっと笑ってた気がします。
トータルテンボスのゆるーい司会も、なんか好きです。
しのびねぇな。かまわんよ。

心満たされたスペシャル番組でした。
唯一の不満としては、エレキコミックを見て以来、
友達の「やついさん可愛い」コールが止まらないことですかね。
落ち着け!あれは昔のやついさんだ!可愛いけどな!


今年最後の記事が、ラーメンズカテゴリになって良かった!
もう本懐を遂げた気分です。死ぬな!
いつも通りに阿呆なテンションですが、
アビリティ・ゼロ、2回目の大晦日を迎えることが出来ました。
閲覧者さん、コメントやメールを下さる方、ありがとうございます。
それでは皆さん、良いお年を。
 
 
2008.09.28 Sun
+Monochross+の海月さんに頂いたお部屋バトン。
私のお部屋は寝るだけの部屋ですよ。
基本的に食卓付近かコタツ付近にいます。
ラジオは聴く。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。